MENU
Designed by company.com
各国の会社事情
Photo One 会社は、人が集まった組織の存在です。人が一箇所に集まり、利潤を求めて目標に向かって活動することで、社会に対して大きな影響を与える事ができます。現代社会を動かす重要な原動力であるのが、こうした目的を持った組織です。社会に重大な影響力を持つ集まりであるだけに、法による定めが設けられています。日本では、組織を作るための一定の基準があり、その基準を満たして登録を行う事で、各種の特権や義務を得ることになります。経済活動がある所には必ず、こうした組織の存在があり、日本のみならず世界各国で、こうした組織に関して規定した法が存在します。
世界でも有数の経済大国であるのが、アメリカです。アメリカは自由を掲げる国であり、その理念は企業にも見られます。特にアメリカでは、ベンチャー企業が大きな成長を遂げています。ベンチャー企業は、既存の大企業では行う事が難しいような、リスクが高い新しい事業について、チャレンジする事ができます。起業により成功する保証はないものの、多くの起業家たちが新しいビジネスにチャレンジしています。また、こうしたベンチャー企業を支援するための投資がさかんという点も、アメリカならではの特徴です。
一方、近年急激に発展を遂げたのは中国です。中国は社会主義国であり、日本やアメリカのような資本主義の国とは異なる事情を持っています。会社組織についても、国が管理を行う側面が強い傾向にあります。国営企業による影響力が多く、中国経済を支える力となっています。中国の急激な成長から、中国市場にチャレンジする日本企業は多くあります。ただし、中国でビジネスを行うには、中国ならではの経済ルールについて十分に把握することが大切です。国際化が進む中で、日本企業が日本国外に出てビジネスを始める機会が多くなっています。そうしたビジネス業界の動きの中で、世界各国の会社の事情について詳しく知っておく事は有意義なことです。